Surviving in New York !

香純 恭ニューヨーク郊外からのブログ

Together for 3.11

3月 11th, 2013

何という事でしょう。2月はまるでアップ出来ずに終わってしまいました。情けない次第です。

今日からサマータイムに切り替わったというのに、こちらではつい先日も大雪が降って、学校は2時間遅れとなりました。鹿の大家族(10頭はいる!)も、夜な夜な我が家にやって来ては、庭の草木を鱈腹食べて、お土産に黒豆を大量に落としてくれます。冬は食べ物ないんですねぇ。

 

 

さて、今日3.11.NYでは大変大きな追悼会が開催されました。

Grand Central Station から地下鉄を乗り換えて66st Lincon Center へ。そこから更に2ブロック歩いた先の、大きな教会。”The First Church of Chist, Scientist” ここで 、第2回東日本大震災追悼式典 Second Anniversary Memorial が開催されました。

大変大きな式典でしたが、これはNYで生まれた数多くの日本支援団体が一つになり、実現できた事であり、今日、NYに住む多くの日本人の方達、また日本を思って下さる現地の方達と共に黙禱をささげる事が出来た事に、大変感謝しています。

どんなに遠く離れた地でも、母国を思う気持ちは変わりません。むしろ、長く住めば住むほど、逆に強くなるのではないでしょうか。最後に全員で歌った「ふるさと」では、心にジンと来るものがあったのは私だけではなく、たぶん会場にいる殆どの方がそう思ったに違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月ライヴ in 日本語補習校

1月 8th, 2013

1月5日、ニューヨーク補習授業校ウエストチェスター校にて、お正月イベントがあり、ゲストとして殺陣演武をさせて頂きました!!

当然一人しかいないので、一人で演武して進行。始まるまでは久しぶりに緊張しました。ここでコケたら、もうNYで道場の名前出せません;;;

今回は、刀礼から納抜刀創作型3種、銀河の型、棒創作型、そして観客参加で斬られるシーンを再現。演武の後はアクションキッズクラスを開講しました。

体育館の一角を、パイプ椅子とロープで区切っただけの手作り舞台。集中して観て頂く為には、こちらの気合いしかありません。

リハーサルの時にバミリをつけたセンター位置に着いた途端、気持ちがいい程スイッチが入ったのを体で感じました。

後はもう、自分の世界。道場の皆さんは既に知っておりますが、何せ私は本番になるとタメが長い。でも今回は一人だけなので、相手にタイミングでご迷惑をおかけする事もなく、たぁっぷりタメましたぁ。

唐竹は体育館全部を斬る様に、突きは観客の心を突くように。棒では八叉の大蛇と戦っている気分。もうこうなると止まりません。

観客参加では校長先生を指名!校長先生、なかなかの俳優筋◎、音楽をかけて本番!袈裟斬りで私がこれまたたっぷりためて絶命。校長先生飛び跳ねてガッツポーズでカット!!!

大うけで終了。校長先生ありがとうございました!!

又、企画、運営、音響や司会を手伝って下さった実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。

最後のアクションキッズオープンクラスでは、当初11名程の参加予定が、当日は20名以上!

思えば初めてのクラス開講は、我が息子達と友人の息子でぎりぎり廃部にならずに済み(当時委員会で3名以下は開講出来ずという決まりがあった)、やっぱり産んでおくものだなと改めて思ったりなどしたものでしたが、今回は嬉しいやらありがたいやら。

 

みんな天まで届く大きな声と、興味深々大きな瞳で参加してくれました。

本当にありがとうございます。

終わった後の、差し入れのつきたてお餅と炊き込みご飯がおいしかった。

その夜はビデオ片手に一人で反省会。。。。うーん。。。こうなると、こちらももう止まりません。

ナタリーポートマンが主演女優賞を獲得した映画「ブラックスワン」の最後のシーンで、「完ぺきだったわ」と言うシーンがあります。あのシーンを見た時はゾクッとしたものです。

そんな事を考えながら、秘密のノートに書き溜めて終了。

ご協力して下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Visitors

1月 4th, 2013

只今Purchase はマイナス7度。息を吸うと歯が痛い!

演武を明後日に控え、棒を振り回すのに準備していると、5分と持たずに手の感覚が無くなり、、、でも手袋して回すわけにもいかず、、、少し回しては熱いお茶を呑んで体を温め、そしてもう少し。

切られる様な寒さの中にも、晴れ晴れとした清々しさ。しんとした空気に、棒の「ブゥン!ブゥン!」という風切音だけが響きわたり、何て気持ちがよいのでしょう。

気が付くと、我が家の庭にどうやら昨夜お客様が来たようです。

うさぎと鹿の足跡が、雪の地面にしっかりと、庭の草木を食べに来た証拠として残されていました。

この様子から見ると、

皆でお腹いっぱい食べに来た様ですね。

 

 

 

A Happy New Year 2013

1月 1st, 2013

明けましておめでとうございます。

いよいよ2013年の幕開けです。NYは、日本より14時間遅れて年明けになりました。

我が家も、友人が日本から送ってくれた鏡餅を、ありがたく飾らせて頂きました。

日本は粛々と新年を迎えるのに対して、こちらはお祭り騒ぎです。マンハッタンのタイムズスクエア一帯は、カウントダウンの為に昼から人々が待機、もう正に押し詰め状態。無料でプラスチックの帽子やメガネ、笛等が配られ、町中がその小道具の色に!因みに今年は、NIVEA提供の為青でした。

そのTV中継を見ながら、いたる場所でカウントダウン、日本の行く年来る年お祭り編みたいな感じでしょうか?

いよいよカウントが始まり、新年を迎えた瞬間、人々は喜びのハグをし合ってお祝いします。おじいちゃんもおばあちゃんもハグし合ってダンスを始めたりするところは、ちょっと素敵。

町中紙吹雪、各地で花火が打ち上がります。

私?もちろん、TVで楽しませて頂きましたぁ。(^^)

お祭り騒ぎは夜通しありますが、こちらは2日から通常通り、お休みは元旦だけなんですね。子供達の学校も始まります。

 

昨年末はストームや小学校銃撃事件等があり、同じ年頃の子供をもつ親として、吐きそうなほどの怒りと悲しみに包まれました。

本当に、何も書けなくなりました。国で銃規制が決まると、銃が歴代3位になるほどの売り上げになったそうです。先日の新聞によると、ある銃の団体は、最近の野蛮なコンピュータゲームが原因だとして、ゲームソフト会社を攻め始めました。

何か間違ってないでしょうか?根っこが。

しかしながら、この国では、自分の身は自分で守らなくてはと思わされる事は、日常でもしばしばあります。

2013年は、全ての人々にとって良い年でありますように。

全ての人々が幸せに暮らせますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fall Session Finished !!

12月 9th, 2012

怒涛の4か月が過ぎ、昨日やっと上半期の全てのセッションが終了しました。

Final exam  が全て終了し、Grammar Class では、最終日に自分の国の伝統お料理やおもちゃなど、何か一つを持ち寄る事に。

私は百人一首を持って行きました。(本当は巻き寿司を持参するつもりが、朝の時点で子供達のお腹に収まってしまっていた)皆興味深々でしたが、なんと中国には三百人一首なるものがあるのだとか。。。歴史の差でしょうか。凄すぎです。

ドイツ、フランス、中国、チェコスロバキア、メキシコ、ブラジル、ドミニカ共和国、コロンビア、そして日本。一堂に自分の国のおやつや文化を紹介。そして互いの今期の健闘を称えあい、和やかに最後の授業が終わりました。又1月に会える子もいれば、今期で国に帰る生徒も。一緒に意見を交わし合ったり、悩んだり笑ったり、そしてそれをいつもバックアップし、支え続けて下さったMrs. Camella, 皆に感謝!

 

 

 

 

さて、道場から棒も届き、明日からは一月の演武に向けてシフトチェンジ!!体が鈍ってるぞー!!

っとその前に、荒野と化した家の中を片付けなければ。。。

洗濯物mountains…whew~.

Happy Thanksgiving Day

11月 23rd, 2012

こちらは今、サンクスギビングデー。

正に日本のお正月のようなイベントです。何日か前から、この日の為のごちそうの下ごしらえが始まり、当日は遠方より家族や親せきが一堂に集まってごちそうを頂きます。
全ての公共施設は休み。この日に限っては、私の大学もさすがに休みになりました。

前日のスーパー等は、もう大晦日の商店街状態。お正月がお餅とおせち料理なら、サンクスギビングは七面鳥とコーンブレッド。これ無しにサンクスギビングは語れません。

自由を求め、ヨーロッパよりアメリカ大陸に初めて渡った人々(Pilgrims) は、初めての土地に対応出来ず、初年度は寒さと飢えで多くの人々が亡くなったそうです。先住民だったネイティヴアメリカン(昔でいうインディアン)は、この人々にコーンの種を与え、耕し方を教え、また野生の獲物の捕らえ方等、生きていく全てを教え、人々を助けました。次の年、Pilgrims 達はネイティヴアメリカンを招待し、沢山のごちそうを用意して感謝の宴をしたのが始まりといいます。1863年、アヴラハムリンカーン大統領がサンクスギビングデーを正式に国民の休日にしたそうです。

多くの宗教が混ざり合うアメリカで、サンクスギビングデーは唯一宗教とは関係なく誰もが祝う特別のナショナルホリデー。

この日は皆が、食事に、家族に、友人に、すべてに感謝し、祈る日。

私はアメリカの休日ではこの日が一番好きです。町中も、なんとなくお正月に似ているという事もあるでしょう。

親戚がいない私達は、友人家族にご招待を受け、この日はパパの手作り(こちらはお父さんがごちそうを作るケースが多いです)のターキーとステーキを鱈腹頂きました!こちらからは、ニコニコ顔の巻き寿司と、鮭の押し寿司をケーキ型に入れて持参。

味より見た目で勝負してしまった私ですが、皆さん喜んで下さったようです(^^;)

サンクスギビングは11月第4週の木曜日から三日間。因みに金曜日は”Black Friday” と言って、年で一番大きな大大セールが夜中12時よりスタート!高速道路は大渋滞で、皆お目当てのお店に向かいます。寝袋を持ってお店の前に並ぶ人も!そしてアメリカ中のパパ達は、フットボールのビッグゲームを、辛ぁいソースに付けたチキンを頬張りながらTV観戦するのが恒例。

私が大好きな女優、サンドラブロックがアカデミー主演女優賞を取った映画「幸せの隠れ場所」(洋題”Blind Side” ) に、正にサンクスギビングデーでパパがフットボールを見ているシーンがあります。サンドラブロックはテレビを無理やり消して、家族の皆を食卓に呼呼び、皆で手を繋いで感謝の祈りをささげます。サンクスギビングデーでのアメリカの家庭の一部をよく表しているシーンでした。

心のこもった美味しいごちそうと楽しいおしゃべり。(そしてちょっとお酒も!)

正に幸せの文化です。

休日明けからはいよいよ期末試験(Final Exam) の準備に入りますが、 つかの間の休暇をたっぷり楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My Power backed on!!

11月 12th, 2012

我が家に電気が戻りました。

まずはお隣さんやご近所さん達と喜びのハグ!!!

最初にやった事。

コーヒーを入れた事。美味しかったぁ~。

子供達は早速雪遊び。

さて、掃除に取り掛かるぞ!

Sandy Aftermath

11月 8th, 2012

しばらく怒涛の毎日が続き、すっかり更新出来ずに日々が過ぎてしまいました。

その間に冬時間に切り替わったり、大統領選挙があったり、またしてもStorm が来たり。

我が家は未だ停電中ですが、町は少しづつ復旧してきており、今日は家の前のPurchase St, も開通しました。

子供達の学校も始まりましたが、避難している場所やホテルから通っている子もいます。

昨日はSnow Storm が来て、あっという間に町中を雪で真っ白にしてしまいました。

折れた電線や倒木も、まるで真っ白なオブジェのようです。

封鎖された道路が解禁になった事と、友人のお父様が我が家に発電機を取り付けて下さった為、一度は家に戻ったものの、暖房は動かず。。。

しかもこの発電機はガソリンで動く為、毎日ガソリンを調達に奔走しなくてはいけません。

今は何処もガソリン不足、毎日スタンドの前は長蛇の列。日本の地震後の状況と全く同じです。

昨夜はガソリンを積んだままSnow storm に直撃、車が言う事を聞いてくれなくなり、何度も反転、スリップ、スタック。。。ついに家のちょっと前で動かなくなってしまいました。でもほかの車にぶつからなくて本当に命拾いです。

結局そこからは歩いて家まで運ぶ事に。もう全く前が見えず!寒いし暗いぞ!!

庭の木も傾き、危険を感じて昨夜はいよいよ吹雪の中、町の中心地まで何とか無事避難しました。

隣の州では、まだ電気も水もガスも止まっている家や、浸水で大変な状況の家が何世帯もあります。

一日も早く、皆が又元の生活に戻れるように、祈るばかりです。

 

 

 

 

 

The Hurricane Sandy

11月 1st, 2012

ハリケーンSandy は、激しい爪痕を残していきました。
我が家もいくつかの窓が損傷、周りの木々は倒木、停電は今も続いています。
道は倒木と切れた電線で壊滅状態、殆どが封鎖されており、復旧作業がどうなっているのか、この先どうなるのか分かりません。
とりあえず、学校は休校。
夜は皆でろうそく付けながら勉強して、何だか昔にタイムスリップしたようです。
でも、意外にろうそくの灯りは集中力を高めてくれて、能率良くなったり。

 


もちろんインターネットも全滅。孤立した中で、食糧庫を覗きながら計算して食べる日々。寒さも限界に差し掛かって来た時、近所の友達のママ達が救出を試みてくれました。
今は無事に友人宅に避難、今は友人宅で町の復旧を待つ日々です。

全てに、感謝。そして全てを、祈る日々。

 

 

The Hurricane is approaching !

10月 29th, 2012

今夜から米国最大級のハリケーンサンディが上陸するそうで、今日は停電に備えて懐中電灯や非常食などを揃えています。全ての交通機関はストップし、明日は学校も休校。

朝一で車のガソリンを満タンにし、スーパーで備品や非常食、水を買おうと思ったら全て売り切れ!

帰宅して家中の戸締り確認。地下室の扉前に砂砂利、窓破損に備えての応急処置確認。

飛ばされそうな物の撤去。何だかドキドキしてきました。

カトリーナより大きいとニュースで報道しているのにびっくり。明日はどうなってしまうのでしょう??

そんな中、学校のグラウンドで野生の七面鳥発見。せっせと餌を探していました。飛ばされないか心配です。