Surviving in New York !

香純 恭ニューヨーク郊外からのブログ

波濤流NY道場発足!!

4月 7th, 2014

日本に比べるとまだまだ寒さが続くNYですが、4月に入り、徐々に春の訪れを感じるようになって着ました。
雪もようやく溶け、家の周りの動物たちの動きも盛んに。
そんな中、いよいよ波濤流NYクラス、遂に発足したのであります!!
パンパカパーン!!!
今は細かな作業に追われる日々ですが、とにもかくにもエンジン全開、公式にスタートです!

いやぁー鮮やかな滑り出し、、、と思いきや、そこは人生、そう簡単にはいかないところがおミソでございます。

4月吉日、今日は小さいながらも発足式なぞして節目の儀式をと準備していた矢先、なにやら地下室から変な音が。。。
そういえば今日はいつもに増してお湯がぬるい。。。。
先日にマンハッタンで、ビルのガス漏れ爆発事件があったばかりのせいか、浮かれていた心が一気に不安絶頂となり地下室へダッシュ。
地下室に近づくにつれ、怪しい音は更に大きく、中で巨大な洗濯機が暴れ回ってるみたい。
もう完全非常事態モードの私。
恐る恐る音の発信源、ボイラー室の扉を開けると、、、、
おーい!!
ここプールだったっけ?!
って言うか、75ガロンのボイラータンクがズンバ踊ってる!
ひょえ~~~~です。
アジア圏は真夜中とは知っているものの、スカイプで主人を叩き起し、事の次第を説明、すぐに業者に連絡!
ボイラー室の横は電気系統の集合場所。
私の小さな脳みそ計算機の答えは、感電死+大爆発。
もう発足式どころではなくなってしまいました。
方々に連絡を取り、式も稽古も中止ー!
先ずは水とガスを止めてもらわねばです。

こうして、怒涛の一日が過ぎ、夕方には取り急ぎタンクもスンバを止めてくれ、水も引いてきました。
大量の水が地下室をちゃぷちゃぷ池にしてくれ、私は正装から清掃へ、劇的ビフォァ、アフターみたいです。

お湯が使えないその日は、お風呂も無し。
ぼろ雑巾のような、わたくし一人、杯をかわしたのでありました。

それでも、心の中は新たな幕開けで身が引き締まります。
地下室改装工事の着手金も支払い、もう後には戻れません。戻りません。
杯に使ったお酒は、2年前、渡米が決まり、北千住クラスの生徒さんが私の壮行会を開いてくれたその時に、頂いたお酒。
ボトルにメッセージが入っていて、どうしても今まで飲めませんでした。
でも分かった。
この為にくれたんだ。
みんな、ありがとう!
さて、走る準備が出来た。
本当に、
やっとスタートに立てました。

ものすごい幕開けとなりましたが、
NYサバイバル、
まだまだ続きます!

Comments

2 Comments

RSS
  • chinatsu says on: 04/08/2014 at 9:35 AM

     

    恭ちゃん、ごめん、笑いすぎて泣けてきた(>_<)
    どんだけネタ豊富なNYライフなんでしょうか。
    コメントせずにはおれませんでした。

    そして、道場の正式スタートおめでとう!カッコイイです。女が惚れる女だよッ!
    体に気を付けて、またの更新楽しみにしています。

    • admin says on: 04/08/2014 at 10:21 PM

       

      実は続編があるのだよ。
      この次の日に全ての業者が来て全部工事したんだけど、その日はブルックリンなる町(遠いのよ)で打ち合わせ、及び営業活動。
      でも、さすがアメリカ人と言ったら失礼だけど、スモールトークが多くてなかなか工事終わらない。
      時間ないしなーって思って、「ちょっと今どんな感じ?」って聞いたら、その人「大丈夫大丈夫。」って。。。。の瞬間。
      おじさんが「ほらね!」って締めたネジが一気に爆発!映画みたいな鉄砲水がどばぁーーーーって。。。。
      おーい!今ほらねって言ったじゃん。
      しかもおじさんパニックになって、何を血迷ったかもう一つドバーーーーー。
      かくして、かあちゃんは又清掃活動に勤しんだのでありました。
      ちゃんちゃん。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*