Surviving in New York !

香純 恭ニューヨーク郊外からのブログ

春のアクションキッズクラス

5月 27th, 2013

大学の試験休みを利用して、春のアクションキッズクラスを開催!今回もテンポラリで全3回、毎回完結型の所謂オープンクラススタイル。25日に最後のクラスが無事終了しました。

今回は、全3回とも受講してくれた子供達が多く、色々と挑戦する事が出来ました。

毎回クラスの初めは雑巾がけからスタート。アメリカで生まれ育っている子達が多い為、殆どの子供達が雑巾がけは初めて。雑巾がけという言葉を初めて聞いた子もいました。腰が高く、踵まで使って地面を蹴ろうとするとなかなか前に進みません。又、この姿勢では前方を見るのが困難になるので、真っ直ぐに進みません。皆で何度も転びながら練習。それでも最終回では見事に真っ直ぐ前にびゅーっと一拭き。初参加の時に比べ皆意気揚々です。

実はこのアクションクラスでは、なるべく重心を前に置く工夫を心掛けています。特にアメリカ式の生活は、腹を据えて腰を落とすことが極めて少ない。そして何と言っても車社会。自然が隣り合わせのこの地域では、何処に行くのも車無しでは行かれません。加えて治安の問題もあり、子供が30分歩いて学校や塾などに行くなんて事も絶対無し!。従って歩く事が日本の生活に比べて凄く少ない。又、縄跳び等を殆どしないので、踵をつけずリズムよく飛べる子がいない。。。。という訳で、下半身が弱くなる傾向に。足の指で大地をしっかり掴み、背筋と下腹で支えて蹴り進む雑巾がけはもってこいのエクササイズ。

 

もう一つ心掛けている事、それは言葉。

参加している子供達の殆どは、日本語より英語の方が間違いなくストレスフリー。だからなるべく私のクラスでは、「あれ」「それ」ではなく、きちんと日本語で説明しながら進めます。これ?!が又私自身も勉強になる。普段気を付けていないと、結構あれこれそれで終わらせているのですね。

それから体の各部を日本語で伝える。動きの説明をする度に各名称を皆に聞きます。これがまたかなりの珍解答が返ってくる。今では私の一つの楽しみにもなっています。最近の一番は、アキレス腱を、「ゴム!」と言った子がいました。気持ちはとてもよく分かる!

という事で、このクラスはアクションもさる事ながら、言葉の練習の場でもあるのです。

 

最終回は、曲付き、最後のポーズ、死に方自由で3~5手の手順に挑戦。

みんな本当によくがんばりました。

 

連続参加の子達は腰の切り替えもちょっとづつ出来て来て、これからがとても楽しみです。

さて、私はアクションキッズの終了と入れ替わりに夏の授業がスタート。新しいクラスと先生で、新たな試練へ!

 

 

 

 

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*