Surviving in New York !

香純 恭ニューヨーク郊外からのブログ

お正月ライヴ in 日本語補習校

1月 8th, 2013

1月5日、ニューヨーク補習授業校ウエストチェスター校にて、お正月イベントがあり、ゲストとして殺陣演武をさせて頂きました!!

当然一人しかいないので、一人で演武して進行。始まるまでは久しぶりに緊張しました。ここでコケたら、もうNYで道場の名前出せません;;;

今回は、刀礼から納抜刀創作型3種、銀河の型、棒創作型、そして観客参加で斬られるシーンを再現。演武の後はアクションキッズクラスを開講しました。

体育館の一角を、パイプ椅子とロープで区切っただけの手作り舞台。集中して観て頂く為には、こちらの気合いしかありません。

リハーサルの時にバミリをつけたセンター位置に着いた途端、気持ちがいい程スイッチが入ったのを体で感じました。

後はもう、自分の世界。道場の皆さんは既に知っておりますが、何せ私は本番になるとタメが長い。でも今回は一人だけなので、相手にタイミングでご迷惑をおかけする事もなく、たぁっぷりタメましたぁ。

唐竹は体育館全部を斬る様に、突きは観客の心を突くように。棒では八叉の大蛇と戦っている気分。もうこうなると止まりません。

観客参加では校長先生を指名!校長先生、なかなかの俳優筋◎、音楽をかけて本番!袈裟斬りで私がこれまたたっぷりためて絶命。校長先生飛び跳ねてガッツポーズでカット!!!

大うけで終了。校長先生ありがとうございました!!

又、企画、運営、音響や司会を手伝って下さった実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。

最後のアクションキッズオープンクラスでは、当初11名程の参加予定が、当日は20名以上!

思えば初めてのクラス開講は、我が息子達と友人の息子でぎりぎり廃部にならずに済み(当時委員会で3名以下は開講出来ずという決まりがあった)、やっぱり産んでおくものだなと改めて思ったりなどしたものでしたが、今回は嬉しいやらありがたいやら。

 

みんな天まで届く大きな声と、興味深々大きな瞳で参加してくれました。

本当にありがとうございます。

終わった後の、差し入れのつきたてお餅と炊き込みご飯がおいしかった。

その夜はビデオ片手に一人で反省会。。。。うーん。。。こうなると、こちらももう止まりません。

ナタリーポートマンが主演女優賞を獲得した映画「ブラックスワン」の最後のシーンで、「完ぺきだったわ」と言うシーンがあります。あのシーンを見た時はゾクッとしたものです。

そんな事を考えながら、秘密のノートに書き溜めて終了。

ご協力して下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Visitors

1月 4th, 2013

只今Purchase はマイナス7度。息を吸うと歯が痛い!

演武を明後日に控え、棒を振り回すのに準備していると、5分と持たずに手の感覚が無くなり、、、でも手袋して回すわけにもいかず、、、少し回しては熱いお茶を呑んで体を温め、そしてもう少し。

切られる様な寒さの中にも、晴れ晴れとした清々しさ。しんとした空気に、棒の「ブゥン!ブゥン!」という風切音だけが響きわたり、何て気持ちがよいのでしょう。

気が付くと、我が家の庭にどうやら昨夜お客様が来たようです。

うさぎと鹿の足跡が、雪の地面にしっかりと、庭の草木を食べに来た証拠として残されていました。

この様子から見ると、

皆でお腹いっぱい食べに来た様ですね。

 

 

 

A Happy New Year 2013

1月 1st, 2013

明けましておめでとうございます。

いよいよ2013年の幕開けです。NYは、日本より14時間遅れて年明けになりました。

我が家も、友人が日本から送ってくれた鏡餅を、ありがたく飾らせて頂きました。

日本は粛々と新年を迎えるのに対して、こちらはお祭り騒ぎです。マンハッタンのタイムズスクエア一帯は、カウントダウンの為に昼から人々が待機、もう正に押し詰め状態。無料でプラスチックの帽子やメガネ、笛等が配られ、町中がその小道具の色に!因みに今年は、NIVEA提供の為青でした。

そのTV中継を見ながら、いたる場所でカウントダウン、日本の行く年来る年お祭り編みたいな感じでしょうか?

いよいよカウントが始まり、新年を迎えた瞬間、人々は喜びのハグをし合ってお祝いします。おじいちゃんもおばあちゃんもハグし合ってダンスを始めたりするところは、ちょっと素敵。

町中紙吹雪、各地で花火が打ち上がります。

私?もちろん、TVで楽しませて頂きましたぁ。(^^)

お祭り騒ぎは夜通しありますが、こちらは2日から通常通り、お休みは元旦だけなんですね。子供達の学校も始まります。

 

昨年末はストームや小学校銃撃事件等があり、同じ年頃の子供をもつ親として、吐きそうなほどの怒りと悲しみに包まれました。

本当に、何も書けなくなりました。国で銃規制が決まると、銃が歴代3位になるほどの売り上げになったそうです。先日の新聞によると、ある銃の団体は、最近の野蛮なコンピュータゲームが原因だとして、ゲームソフト会社を攻め始めました。

何か間違ってないでしょうか?根っこが。

しかしながら、この国では、自分の身は自分で守らなくてはと思わされる事は、日常でもしばしばあります。

2013年は、全ての人々にとって良い年でありますように。

全ての人々が幸せに暮らせますように。