Surviving in New York !

香純 恭ニューヨーク郊外からのブログ

Thanks all

8月 19th, 2012

こちらに来て早2週間目になろうとしています。

生活を立ち上げるのに必死過ぎて、実はどう過ごしたかあまり記憶にないのが正直なところです。手続きしたり、交渉したり、、、何だか毎日戦ってる感があって、いつも頭の中はロッキーのテーマソングに続き、水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」へと切り替わる。。。

そう、ここではガンガン自己主張していかないと事が前に進みません。しかも気を抜くともれなく相手の主張に飲み込まれてしまいます。

どこに行くにも子供の安全が気になって、チョロQみたいに動き回る子供達に目を光らせ、もう一日中「オラオラ」ってな感じです。

当然疲れる;;;→ストレス溜まる。。。で、ちょうどヘロヘロになりかけた時、友人がワイン片手に様子を見に来てくれました。

持つべきは友なり!!癒されましたー!

ワインにじゃないですよ。会話にです。でもワインにも、ですが。

ただでさえ錨肩の肩が、更に上っちゃってたのに、バカ話してたら一気にすっとーんと落ちました。

くだらない話の様に見えて、色々気を使ってくれてたんですね。

本当に私はいつも周りに助けられて生きてます。

感謝。

そんな夜、ゴミを出しに表の道まで出た時、ふと見上げた夜空にびっくり。

なんで今まで気が付かなかったんでしょう。

真っ暗な夜空に一面の星、星、星!

その途端、コンセントが抜けました。

そして聞こえてきました。

虫やカエルや草の音。人工的な音は何一つなく、自然の音と香りだけ。

こんなに美しい夏の夜、今まで余裕がなくて気が付いてなかったんですね。

視覚と聴覚と嗅覚が奏でるオーケストラに全てが包み込まれた時、壊れたレコードの様にリピートを繰り返していたテーマソングは、静かに脳裏からフェードアウトしていきました。

サウンドボックスのレコードが静かに切り替わり、、、。

Don’t worry be happy…by Bobby McFerrin

本当に私は周りに助けられて生きてます。

全てに、感謝。