Surviving in New York !

香純 恭ニューヨーク郊外からのブログ

Happy New Year 2016

1月 4th, 2016

新年明けましておめでとうございます。

今年のNYは暖冬で、ありえないほど暖かな日が続きましたが、新年を境に、一気にマイナスの世界に入りました。

でも、その扉を開けた時の「きゃぁっ。」と言う寒さを受けると、

あぁこれこれ、NYって感じだなぁと、ちょっとほっとしてしまう私。

 

さて、巷は新作のスターウォーズで何処もかしこも大賑わいですが、

私達NY道場のホットな話題と言えば、何といっても殺陣の中学生クラスTATE Preteenager class がオープンし、定着してくれた事です!!

国も文化も違う子供達が、見た事も無い殺陣の世界にチャレンジするわけですから、それはそれは、最初はどうなる事やら、ハラハラしたものですが、昨年末の発表会TATE Show case では、しっかりと覚悟を持った演武をみせてくれました。

もう泣きそうになってしまった私。

考え方の違いに、最初の頃のお稽古では驚きの連続で、一瞬固まってしまう事も多々ありましたが、毎回毎回新たな発見の宝庫となり、私も彼らと共に成長していきました。

そして、今年は新年一発目、殺陣ジュニアクラス(小学生対象)オープン!!

小学生対象となると、安全面や事務的な事での準備が何かとかかり、

よう~やくのオープンです。長かった~。。

どんな出会いと発見、驚きと学びが待っているのか、

今年も全力で進んで参ります。

コンピュータの問題で、写真のアップが只今困難中ですが、

徐々にまたアップしていきたいと思います!

それでは、皆様どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Long Time No see!

5月 26th, 2015

大変ご無沙汰しています。
約半年ぶりの投稿でしょうか?
5月のNYは1年のうちで一番過ごしやすく、
新緑も美しく、お花も咲き乱れ、
まさに最高のシーズンです。
さて、今年3月で、NY道場も1周年を迎えました。
早いですね~。
本当に色々濃かった1年でした。
壁が多すぎて殆ど覚えていないけど、
それでも何とか乗り越えて、
今は、ウェストチェスターのホワイトプレインズにあるNY道場を中心に、
ニューヨークシティのマンハッタンにも教室をオープンしました。
春と秋には、小学生対象のムービーアクションクラスを全3回セッションで開催。
今年4月からは、中学生を対象にした殺陣クラスもオープンしました。
このクラスは本当に国際色が豊かで、
アメリカ、イギリス、ロシア、そして日本と、
生徒皆国籍が違うところが楽しいです!
最初はお辞儀や正座も難しかったけど、
今は何となく様になってきました。
遠い昔、何かの雑誌のインタビューで、
「将来は世界の子供達に、アクションや殺陣の楽しさを伝えたい。」
と言った事がありましたが、
10年以上たった今、それが実現しつつあります。
人生は自作自演なのだと、
最近つくづく感じます。。

只今のNY道場では、
短編アクション映画の、アクション指導とコーディネーターを務める事になり、
ただ今役者さん達がNYCから毎週せっせと通い、猛特訓中です。
そのうちの一人、私の2倍はあると思われるアクション俳優のMAKOさんは、
今までもバッドマンやアベンジャーズ、忍者タートルなどに出演。
様々なアクションシーンを体験されているそうで、その迫力はさすがです。
小さな私と手順を組んでいると、正に子供対大人。
でも、心からアクションを楽しんでいる感じが伝わってきて、
こっちも嬉しくなってしまいます。
私は彼らにアクションを教え、彼らは私に英語を教えてくれている感じです。
唯一の日本人キャスト、ゆりこちゃんは、
この映画の紅一点。
彼女はダンサーでもあるので、動きが軽くてとてもしなやか。
美しいアクションを展開してくれます。
監督もプロデューサーも含め、私が最年長。はは。
皆のパワーに負けず、今年もアクセル全開でいきます。
皆様、これからもどうぞよろしく。
なるべくアップしていけるよう、がんばります!!

短編映画リハ一番右がMako,真ん中は監督のCorey,左はキャストのAndre,私の右が日本人キャストのYurikoちゃん。

10月 21st, 2014

すっかりご無沙汰の更新です。
NYはもう秋真っ盛り。
寒さも本格化して、NYCより更に北部に位置する我が家は今朝5度でした;;;
でも紅葉は本当に綺麗です。
日本とは又少し色が違うのですね。

 お陰様をもちまして、3月に立ち上げた殺陣NY教室ですが、
様々な壁にぶつかりながらも、最近はなんとか週3クラスほどになって来ました。
とは言え、1クラス1人だったり2人だったりですが。
その分濃い~内容で、、、。
皆さん必死に、一喜一憂しながらもお稽古して下さいます。
何人かの方に、「マンハッタンなら通えるのだけど。」
というご意見を頂きまして、
行って来ました!
マンハッタンへスタジオ見学に!!スタジオ

さて、先ず最初に行った所で、
早くも度肝を抜かれてしまいました。
 いやぁ~本当に凄いですね。
都会のど真ん中の大きなビルの3階分を使って、
何十もの部屋が用意されているのです。
(すぐ迷子になってしまいました。)
それこそ1人用から大きな舞台のリハーサルまで、どんな用途にも対応出来そうなスタジオ。
そしてその全てにピアノが設置されていました。

 そして私が更に感動したのは、
そこを利用している方達のパワーです。
大小様々なルームでは、一人芝居の練習らしき事をしていたり、
又は何かのオーディション中だったり、
何やら大きな舞台のリハ中だったり、
衣装合わせだったり。
そのどれもが、皆さん本当にプロ(又はプロを目指す)集団なのです。
聞こえてくる声量(ドア閉まってるのに。。)、
窓の隙間から見えるダンス、
オーディションの外でスタンバってる若者達の気迫と準備力、
そして又してもカーテンの隙間ごしで見たオーディションの様子。
(すいません、これふつうに覗き見です)
皮膚が痛い程の、オーラとパワーを感じました。

マンハッタンはNYでも特別の町。スタジオ2
行くたびに物凄いエネルギーを感じ、
自分を奮い立たせるパワーをもらいます。
NYは、
郊外の自然溢れる豊かな時間を持つ静の一面と、
個性と個性がぶつかり合い、凄まじいエネルギーを発する動の一面が
ぴったりとよりそった不思議な町。
様々な文化をもつ様々な人種が、
同じ時間を共有している素敵な町。
私は最近、益々この町はおもしろいと感じる様になって来ました。
果たして、NYマンハッタンクラス、実現できるでしょうか。
こうご期待下さい!

Movie Action Kids Classes in spring 2014

6月 2nd, 2014

恒例となってきました、春のムービーアクションキッズ。
今回も全3回のセッションで開催致しました。

毎回、開催する毎に、何か新しい事にもチャレンジしてもらおうと考えているのですが、前回は見事全員黙想する事が出来ました。
さて、今回は雑巾がけを絞る事からやって貰おうと企画。
自分達で教室の掃除をするような文化のないこちらでは、
自分達で、しかも雑巾で床を拭く事にはかなりの抵抗があったはず。
でもこのクラスでは、皆一生懸命拭きます。

「ところで、雑巾って、どうやって絞るの?」と私。
「あ、知ってる知ってる!見て!」とA君。

そして見せてくれた子は、両手を同じ向きに揃えて、オートバイのアクセルを回すようにして見せてくれました。
「????」
「じゃ本当に出来るか絞ってみようか?」と私。
案の上、皆一斉にバケツに飛びつき、出来たー!とか、あれー?とか。。。。
そのうち周りがびしゃびしゃに。。。
実は、子供達がバケツに群がってお水に雑巾を浸け始めたら、もうびしゃびしゃになる事は分かっていたので、今回は沢山のボランティアの方にヘルプをお願いしてました。
そしてストップ!
「どうしようか、これじゃ皆滑ってお稽古出来ないね。」
先頭きってびしゃびしゃしてた子がこれまた先頭きって一言。
「一人づつ、バケツの上で絞るんだよ!」
「おまえじゃろうが!」と心で思いっきり突っ込み入れながらも、
みんなが能率よく、すぐに雑巾がけして終わらせるにはどうしたら良いかを考えて、もう一度実践。

今度はうまくいきました。
結局、30分以上もかかってしまった雑巾がけ。
1時間半しかないお稽古時間で、30分は痛い。
でもどうしても、皆で考えて欲しかった。
大人が答えを出すのは簡単だし、普段の育児戦争の中で、「待つ」事はなかなか難しい。(私も普段の育児ではなかなか待てません;;;)
そして子供は頭がいいから、
大人が真剣に待ってるのか、”ながら待ち” しているのか、すぐにかぎ分けてしまう。
最終日、最後はなんとか出来る様になって来ました。

そしてこれまた(自然に)恒例になってきちゃいました、
日本とアメリカの文化についてのトークタイム。
今回はアメリカの休日、メモリアルデーについて、皆と考えてみました。

こっちでメモリアルデーと言うと、「BBQ解禁!」「プールオープン!」と夏の始まりの代名詞。
でもちょっと待って。
何をメモリアルする日なの?
せっかく日本とアメリカの両文化の中で育っている子供達。
どちらの文化も大切に考えてもらいたいのです。

今回も終始フル回転で終わったアクションキッズ。
沢山のボランティアの方に助けてもらい、怪我もなく終わる事が出来ました。
特にこちらで道場を開いてらっしゃるマットさんは、今回、完全に裏方に徹し、お手伝いして下さいました。
自分の方法論は完全に封鎖し、全て私の指導に従い、子供達をみて下さった事に本当に感謝です。
皆様、本当にありがとうございました。

 
 

波濤流NY道場発足!!

4月 7th, 2014

日本に比べるとまだまだ寒さが続くNYですが、4月に入り、徐々に春の訪れを感じるようになって着ました。
雪もようやく溶け、家の周りの動物たちの動きも盛んに。
そんな中、いよいよ波濤流NYクラス、遂に発足したのであります!!
パンパカパーン!!!
今は細かな作業に追われる日々ですが、とにもかくにもエンジン全開、公式にスタートです!

いやぁー鮮やかな滑り出し、、、と思いきや、そこは人生、そう簡単にはいかないところがおミソでございます。

4月吉日、今日は小さいながらも発足式なぞして節目の儀式をと準備していた矢先、なにやら地下室から変な音が。。。
そういえば今日はいつもに増してお湯がぬるい。。。。
先日にマンハッタンで、ビルのガス漏れ爆発事件があったばかりのせいか、浮かれていた心が一気に不安絶頂となり地下室へダッシュ。
地下室に近づくにつれ、怪しい音は更に大きく、中で巨大な洗濯機が暴れ回ってるみたい。
もう完全非常事態モードの私。
恐る恐る音の発信源、ボイラー室の扉を開けると、、、、
おーい!!
ここプールだったっけ?!
って言うか、75ガロンのボイラータンクがズンバ踊ってる!
ひょえ~~~~です。
アジア圏は真夜中とは知っているものの、スカイプで主人を叩き起し、事の次第を説明、すぐに業者に連絡!
ボイラー室の横は電気系統の集合場所。
私の小さな脳みそ計算機の答えは、感電死+大爆発。
もう発足式どころではなくなってしまいました。
方々に連絡を取り、式も稽古も中止ー!
先ずは水とガスを止めてもらわねばです。

こうして、怒涛の一日が過ぎ、夕方には取り急ぎタンクもスンバを止めてくれ、水も引いてきました。
大量の水が地下室をちゃぷちゃぷ池にしてくれ、私は正装から清掃へ、劇的ビフォァ、アフターみたいです。

お湯が使えないその日は、お風呂も無し。
ぼろ雑巾のような、わたくし一人、杯をかわしたのでありました。

それでも、心の中は新たな幕開けで身が引き締まります。
地下室改装工事の着手金も支払い、もう後には戻れません。戻りません。
杯に使ったお酒は、2年前、渡米が決まり、北千住クラスの生徒さんが私の壮行会を開いてくれたその時に、頂いたお酒。
ボトルにメッセージが入っていて、どうしても今まで飲めませんでした。
でも分かった。
この為にくれたんだ。
みんな、ありがとう!
さて、走る準備が出来た。
本当に、
やっとスタートに立てました。

ものすごい幕開けとなりましたが、
NYサバイバル、
まだまだ続きます!

The New Wind

3月 6th, 2014

今年のNYの冬はまだまだ続くようで、3月に入っても氷点下の毎日。
庭の雪は積もりすぎて下の方はカチカチの氷山状態になってます。
雪の重みと圧力で、家のあちこちが破損、
今年の冬は雪かきと家の修理で、もう完全にガテン系筋力トレーニングです。
タダでさえ錨肩の私は、この冬で更にイカってしまいました;;;

さて、こんな訳で、NY道場目指して準備が着々と進んでいた地下室改造計画が、雪の影響で滞っておりますです。。。
とにかく雪溶けてくれないと資材が運べない!!
外から入れるはずの地下室のドアは、、、雪で開かない、動かない。ひび入ってる。。。げ。
とりあえずダンボールとガムテ貼って見なかった事にし、
気長に春を待つ事に。

そんな中、風のうわさを聞きつけて、なんと殺陣を習いたいと、あるご家族が問い合わせて来て下さいました。
お父様に連れられて来た男の子は中学生。
胸に日本の国旗!(縫い付けてあった)
くぅ~!!!何とかして教えてあげたい!
でもなぁ、場所まだないし、外は雪だし、、、寒いよね。。。
で、
「玄関先があいてるから、ここでお稽古でもいい?」と私。
「えっ?」とお父様。
「、、、、、。」(きょろきょろ見回すお父様)
「、、、、、。」(無理な笑顔で同意を求める私)
「ま、とにかくやってみましょうか?帯、巻いてみる?」
「yes!!」と男の子。

こんな訳で始まった殺陣稽古。
1か月間は、いつ辞めたいと思っても大丈夫なようにお試し期間にしましたが、この度遂に道着発注!
”I didn’t like it, I love it !”
初回終了後、夜に彼がお父様に言った言葉だそうです。

この先どうなるか分からないけど、でも、私も初めて刀を持ってお稽古した時、間違いなく同じ事を思った事を覚えています。
あの気持ちを持ち続けて15年余り。。。

そんな気持ちを持たせ続けてあげられるようなお稽古をしていきたい。
互いに文化や言語は違うけど、リスペクトしながらシェアしていかれたら、
ここNYの郊外でも、沢山の方達とそんな気持ちを持ちながら一緒にお稽古が出来たら、
どんなにか素晴らしいだろうと思います。

5月には又してもアクションキッズクラス開講決定!

NY道場、いよいよエンジン温まって来ました!!

My determination

2月 2nd, 2014

明けましておめでとうございます。、、、って、もう2月じゃないですか!
本当に毎度アップが遅くてすいません。

さて、今日はスーパーボール!
アメリカ中の今日の夕飯は、きっとチキンウィングとチップスとソーダに違いありません。
そう、夕方からTVにかじりつきになる事間違いないからです。
昨日のニュースでは、あるデリ宅配業者が映し出され、ピザやらチキンやらで厨房は大騒ぎになっていました。
一年で一番の稼ぎ時です。
近所のパパは会社の同僚宅に集まり、世紀の熱戦を一緒に楽むそうです。
この一日で、どれだけの経済効果があるのだろう。。。。
スポーツの力。人の力。感動の力。
凄いですねー!!!

スーパーボールと言えば、国歌斉唱とハーフタイムも見逃してはなりません。
毎年度肝を抜く演出で、当たり前だけど皆様本当に歌がうまい。
「プロだなぁ~」と思います。
そう、プロの魂は人々を感動させる。
そう言えば英語でも、”I was moved!” (感動したわー!)等と言いますから、ホント、心を動かされたという事なのですね。

さて、我らが高瀬道場もエンターテイメントのプロ集団。
只今わたくし、微力ながらも何とかNYの人々に、生のチャンバラの醍醐味を通して、日本文化の楽しさや深さを体感してもらえないだろうかと格闘中です。
とは言え、事務仕事はおろか、ITスキルもなく、営業等も全く経験ゼロのわたくし。
牛歩の歩みで?!猛勉強中です;;;。
資料作りや弁護士との相談や先方へのプレゼン、そして地下室稽古場改造計画、、、。
各分野の救世主に、色々一から教わる毎日です。
机の上だけは、なんか凄い仕事が出来る事務員みたいになってきました。

でも本人が。。。
今更ですが、本当に私は覚えが悪い。
段取りが悪い。
酒癖が悪、、、最近いいかな。

とにかく毎日恥かきながら、色々な人に助けて頂きながら、小さな光を目指してかたつむりレベルで爆進中。
でも光は見える!
幻覚じゃない!
ネバ~ギブアップ!
高瀬道場のパフォーマンスは、絶対一度観たらやめられない止まらない、又観たくなるはず!そしてやってみたくなるはず。。。
と信じて。

とにかく、
昨日より、一歩でも前に進もう。
今年の決意。
皆様、今年もトップギアでサバイヴしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

belief

12月 31st, 2013

日本は、2013年も残すところあと1時間という所でしょうか。
NYは31日の朝9時ごろです。
今頃は紅白もいよいよさぶちゃんに向けて盛り上がっているところですね。
コタツでみかん、、、いいですね~。

さて、私は今年一年もなかなか濃い~1年でした。皆様のおかげで無事に又異国で1年を越す事が出来ました。
本当に心から感謝申し上げます。

私自身で言うと、今年は試練の連続だったように感じています。これでもかと言うくらいチャレンジングな年でした。
ただ、それは未来への大きなステップとなっている事を実感しています。
そして貴重な体験や、多くのパワフルで素晴らしい信念をもっている人達との出会いの年でもありました。

そう、今年の大きな収穫は、この「信念」を深く考える事が出来た事です。

今年一年、大きな決断を一人で下さなくてはいけない事がいくつかありましたが、その度にこの言葉が浮かびました。
信念を貫き、一秒も無駄にする事無く前進する、沢山のプロフェッショナルな方々にお会いする事が出来、
その言葉の強さを改めて知る事が出来ました。
特にマンハッタンはそんな人たちがうようよといる所。
弱音を吐く暇は一瞬たりともないどころか、皆それを楽しんでいる。

ご自身の信念が片時もぶれる事無く、その為の努力を惜しみません。
そして更に家族や周りのみんなをも幸せにしている。

そう、信念を貫く人達は、周りも幸せにしていまうのです。

こんな多くの素晴らしい方達にとても助けられ、元気をもらうことが出来た一年でした。

来年は今年得た肥やしを無駄にしないよう、失敗を繰り返しながらも、へこたれず、決してあきらめず、前を見据えて前進していきたいと思っております。
そして喜びや達成感を多くの人達とシェア出来たら幸せです。

皆様にとっても素晴らしくエキサイトな飛躍の2014年で有ります様。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました!

2014 coming soon!!!

The means of Thanksgiving

11月 30th, 2013

毎日が氷点下。
もう朝ジョグは完全防備、息が痛い。
もうそろそろおしまいかな?と思っていると、いつも反対車線で出会う大学生くらいの女の子が今日も颯爽と走ってる。
この子、めちゃくちゃ気合入っていまして、雪が降ろうと雨が降ろうと、とにかくスニーカーでずぶぬれになりながら走ってます。
この子を見ると、いかんいかん、自分もまだまだ!っと活をいれる日々。でも本当に寒い!!

さて、こちらは今サンクスギビング真っ最中。
マンハッタンでは豪華なパレードがあったり、ターキーを焼いて家族や友達を招いてお祝いしたり、各お店はブラックフライデーで大賑わいです。
メールでもお祝いのメッセージが飛び交い、本当に日本のお正月そのものだと、いつも感じます。
前日のスーパーなんて、大晦日の御徒町みたいでもうごった返し。おせちの受注コーナーのように、ターキーの予約カウンターがあるのも楽しい。
なんかそこにいるだけでわくわくしてしまいます。
私はありがたくも毎年ご近所の友人宅に招かれ、そこのご主人、ジョンさんが作るターキーとスタッフィングに感動し、感謝の気持ちいっぱいで一日を過ごさせて頂きます。
ジョンさん、なんか毎年どんどん料理の腕をあげている気がします。
thanksgiving

アメリカ人曰く、この日はターキーと、スタッフィング、コーンブレッド又はコーンプディング、そしてなんといってもパンプキンパイがなければ許せないそうで、どうやらそれは日本人にとって、おせちとおもち食べないとお正月じゃない!と言っているのと同じ様です。
スタッフィングとは、ターキーのお腹に入れる「具」の様な物で、各家庭で微妙に材料が違います。その家庭の特徴が出る大事な部分。
パンやナッツ、じゃがいも、フルーツを入れたり、お米を入れるところも。

実はここ最近、わりと安全と言われているこの地域でさえ、犯罪と隣り合わせになる事がたびたびありました。
先日は拳銃を持った犯人が、家の隣の庭に逃げ込みました。パトカーと散々カーチェイスをした挙句、我が家のサークルに入って車を乗り捨て、隣家を通って隣のゴルフ場の茂みに隠れたのです。
寒さで民家を襲うかもと連絡があり、流れ弾を避けるため子供達を2階に集めて家中の鍵を確認、情報を集めました。
ライフルを持った警察官と警察犬が家の周りに沢山!もう撮影現場さながらの光景。
またおとといは、一番流行っている近所のお店で爆弾さわぎ、全通路封鎖で又してもライフルを持った警察官が群衆の前をうろうろ。たまたま近所にいた私は子供を避難させるのに緊張感が走りました。
でも、こうやって、お正月のような温かいサンクスギビングデーを過ごすと、普段気を張ってサバイヴしている生活から少し解き放たれ、人と人との繋がりや出会いに感謝し、異国でも頑張っていこうと思えるのでした。
全てに、感謝。

An Action Kids Class Report

11月 4th, 2013

あっという間に11月。
色々アップしたいと写真を溜めつつ、月日が経ってしまいました。紅葉が素晴らしく、またぐぐっと寒くなって朝のジョギングが一気にきつくなってきた!来月まで持つか心配です。。。
昨日からNYは冬時間に変更です。時計の針を1時間戻すという発想が凄いですね。何はともあれ、今朝は1時間得した気分でした。
さて、先日は秋のアクションキッズクラスを開講させて頂きました。今回も毎回完結編のオープンクラス形式です。
ウエストチェスターにある日本語補習校の放課後倶楽部の一つとして、今回も委員会よりお声をかけて下さいました。
キンダーから小6までを一人で教えるという事もあり、定員は一応10名。でも結局13名でスタート。
今回は幼児部から6年生まで、全学年からの応募があり、久しぶりに高学年の子のエチュードも出来ました。

私が今回の目標にあげていた事は、黙想です。今まで雑巾がけという言葉さえ初めてだった子供達が、最近はずいぶんとちゃきちゃき出来るようになり、正座もしっかり座れるようになってきました。さて次は、「静」の時間を作る事。
英語の方が楽な子供達ですから、もちろん黙想なんて言葉は初耳。いきなり黙想!と言ったところで何も理解は出来ません。黙想って何だろう?なんで黙想するんだろう?とみんなで考えながら進めていきました。授業の最後は見事に全員立派に出来て拍手!

それからもう一つの目標、それはリズム!アクションはリズムが大事!体で表現しなくてはいけないのです。ところが、アメリカの体育授業は、日本の概念と全く違っているので、日本の様に縄跳びやマット運動、跳び箱や鉄棒など、体の基本運動は丁寧にはやってくれません。運動能力や身体能力は、学校外のスポーツアクティビティでそれぞれ本人の自由選択の元に行われるのです。だからできない子は全く出来ない。出来る子と出来ない子の差が激しいのです。日本の体育授業は、一応それなりに皆運動能力は最低限身に付きますから、素晴らしいですね。
話が少しずれましたが、そんな訳で、こちらの子は右と左、又は手と足が別々に動く事がとても苦手。今回はリズムよく、又はリズムを変えながら手や足を動かす練習を、ゲーム感覚で沢山チャレンジしていきました。もちろんたっぷり汗もかいてもらいましたよ!

最後は恒例の、アクションシーンにチャレンジです。今回は映画ミッションインポッシブルのテーマに合わせてエチュードをしてもらいました。
3~5手までの手順に、シーンの説明もして、表現は自由。この自由な表現というのが凄かった!
皆、見事に個性たっぷりなスパイになってくれました。かっこよくクールに決める子もいれば、ダメダメ刑事を演じて笑いを取っていた子も。ドジなのに、必死に戦っているうちに勝ってしまってラッキーだったスパイを演じくれた男の子は、もうアカデミー賞ものの名演技でした!
アクションは勝敗を決める戦いではなく、表現のアイテムである事を存分に楽しんでくれた子供達。皆とてもクリエイティブなので、私も大いに感動し、勉強になりました。本当はもっともっと丁寧に教えていきたいけど、今与えられた時間を大事に、これからも少しずつ進めていかれたらと思います。
今回、必死にクラスを進めていくあまり、すっかり写真を撮る事を忘れてしまいました;;;;
あ~。毎回何かを忘れてしまう私。。。本当に反省は尽きない。。。

NYはいよいよサンクスギビングに向けて動き出しました。日本でいうお正月みたいな感じです。どこもちょっとせわしない感じが、日本の年の瀬みたいで私は結構好きです。我が家の庭の木の葉も、残り少なくなって来ました。もう冬もすぐそこですね。。